数ある釣りの種類の中でも比較的難易度が高いのが磯釣りです。初めての釣りが磯釣りだったというパターンは少ないと思われるので、これから磯釣りを始められる方は釣りや釣り具に関する基本的な知識や経験はある方が多いかもしれません。ただ、磯釣りは他の釣りと違う点が多くあります。

 

目次
足場は危険度が高い
磯釣りは専用の釣竿で
磯釣りは始めるのに予算が必要

 

足場は危険度が高い


磯釣りは岩場や海に浮かぶ岩礁など、足場が悪いところで行う釣りです。

メリットとしては足場が悪いため堤防や海上と違って人があまり寄り付かず、魚がすれてないこと。食いつきがよく大物も狙え、釣りの醍醐味を味わうことができます。

 

しかし、当然転倒や転落の可能性が高いため装備は万全にしておく必要があります。フィッシングシューズやフローティングベストを着用し、安全度を高めておく必要があります。岩場のため転倒転落は大怪我の可能性も他の釣りよりも高く、海中も見えないところに切り立った岩礁が広がっていますので、海中に落ちると溺れるだけでなくさらに深手を負うことも考えられます。

 

 

磯釣りは専用の釣竿で


磯釣りは磯竿と呼ばれるロッドを使用します。竿先が柔らかい5〜5.5m 程度のロッドが一般的です。磯釣りでは潮の流れが早く複雑なため柔軟なコントロールが必要になります。また、岩礁が沖にせり出している「ハエ根」と言われる形状がよくあり、ハエ根の外に竿の先を伸ばせないと魚がハエ根に逃げ込んだ時に糸が切れてしまうので長い竿が必要なのです。

 

釣りの方法はウキフカセ釣りという独特の方法を用いることが多いです。フカセ釣りとはウキを使用しない釣りの手法ですが、これにウキがロッドのカラマン棒とウキ止めの間を移動するタイプの仕掛けを使い魚が違和感なしで食いつく工夫をしているのです。針の先には餌はつけず、海面にコマセ(播き餌)を流すことで魚を誘います。コマセにはオキアミが最適です。

 

 

磯釣りは始めるのに予算が必要


磯釣りはこれまで使用していた道具以外に新たに購入しないといけない物品が多いです。磯釣り用のバッカン(クーラーボックス)、それが岩場を落ちたり海に流されるのを防ぐためのピトンという固定具は用意しといたほうがいいでしょう。

 

 

 

以前仕掛けの事について執筆した「磯釣り入門】定番のウキフカセ釣りとは?」下記記事もあわせてお読みください。

【磯釣り入門】定番のウキフカセ釣りとは?

 

またリールや道糸も専用のものがあるので、全部揃えるとそれなりにかかりますが、安全で良い釣果の磯釣りを楽しむためには必要な出費でしょう。

 

初期費用として新品で揃えるとなると、トータルで30万円くらいは見ておいたほうがいいです。ただいきなり高額な出費はできない…という方には中古品の釣具を中心に購入していくのも良いかと思います。

 

最近ではヤフオクなどのインターネットサービスの活用や、タックルベリーなどの釣具中古品を中心に扱っている店舗に出向いて8~10万程度に一気に抑える事も可能です!実際に店舗に出向いて店員さんにレクチャー頂くのも手かと思います。