彼との出会いはもう20年前にさかのぼる
我がホームグランドである日南海岸の地磯に
仕事を早く済ませ出掛けた

 

釣り場に着くといつも通り車が多い ここも最近クロのデカバンがあがり
そんな情報が広まり平日でも釣り客が一挙に増えた

 

釣り場は多く分けると3か所で

 

まず1番の人気は南の釣り場
2番目は北の釣り場
最後に東の釣り場となる

 

南では約10名、北は約6名、東は3~4名程入れる釣り場

 

時計を見るとまだ13時である まだ時合ではないだろうと
駐車場に車を止めゆっくりと道具を降ろす

 

磯場に行く道が急な坂なので最低限の道具で降りてゆく
釣り場に着くと時間をかけてコマセ、仕掛けを作るようにしてる

 

今日は南に入るつもりでいたが既に10名程入っている
まあその内入れるはずと慌てもしない

 

ほとんどの人が朝一番から来てる人達なのでそろそろコマセも切れ帰る人が何人か現れるのが通常である
それを見越して暫くコーヒータイムでまどろむ

 

謎の常連さん
謎の常連さん

ポイント空きましたよ!

 

と言う声で目を覚ます(実は昨夜 徹夜したので爆睡してました)
その人はよく会う人だが、地元の人ではないらしい(後で聞いた情報である)

 

俺

そうですか?もうやめるんですか?

 

と聞くと

 

謎の常連さん
謎の常連さん

もうコマセも切れたし、どうぞやってください!

 

笑顔で言う その言葉に甘えることにした
コマセを抱え釣り座へ移動する 竿は出さず少しずつ瀬際にコマセを打ち込む
サングラスから見れる世界は釣り人だけの魅惑の特権でありロマンと言っても言い過ぎではないだろう

 

コマセを打つたびに湧き上がるエサ取り達が半端ない
潮色は少し青みがかっている上りが入っている証拠だ

 

込み潮8分ぐらいだろう?上り潮の本流の引かれ潮がはっきり走っている
瀬際に4沖目に1とコマセを打つこと30分が過ぎた

 

俺

さて

 

と竿を握る 既に時計は15時30分を少し過ぎている

 

左手に竿を握り右手はマキエ柄杓
最初に瀬際に寄せる波のタイミングに合わせコマセを3つ打った

 

相変わらずエサ取りがサングラスを通して映る
一呼吸おき一投目を振り込んだ

 

相変わらず潮は沖へ沖へと00仕掛けを引いてゆく
そろそろ潮壁にぶつかるだろう ウキももまれシモって行くだろう

 

その時はすぐに訪れイメージ通りにシモって行く
この瞬間が一番緊張する サミングしてた指で糸を押さえ張り気味で入れてゆく

 

もう00ウキは視界から消え去り当たりを伝えるすべはもう糸の感覚でしかない
息を殺し糸を押さえた中指に全神経を集中する

 

まさかのその1投目から当たるとは思いもよらず
押さえた指から糸が弾き出された!

 

続く…