誰しも得意な所 よく通う相性のいい場所があるだろう
そこは自分にとって不安もなく平常心で臨める唯一の釣り場

 

俺

何ぃ!何だ この締め込みは!

 

たまらず腰を落とし両手で耐える しかし穂先は海中へと刺さってゆく

 

俺

もう無理!こりゃ竿がもたん!

 

と仕方なく押さえてたオープンベイルの指を離した

 

弾けるようにリールから糸が飛び出し 解き放たれた獣の如く一気に沖へと走りゆく
何と凄まじいパワーなんだ スプールからでてゆく糸に目をやるとすでに半分ほどは出ていた

 

ようやく奴が走りを止めたみたいだ

 

この時点で95%はクロではないと思ってた
おそらくイズスミ&真鯛のどちらかだろうと、もしかしてオナガ?

 

Kもその一部始終を見ていて

 

釣り仲間M氏
釣り仲間K氏

何すかね?あれ

 

「何すかね?あれ」と今はそんなKの話なんか聞く余裕もなかった

 

これからこっちから仕掛ける番だと起こしたベイルを倒し 竿を目一杯起こした

 

奴が動いた左、左と走り出すこちらも左に竿を倒し顔を向けようとするが敵もさるもの引っ掻くもの
すぐさま反転して今度は右、右へとまた走る竿をこんどは右と 中々間合いが縮まらない

 

全身から噴き出す汗を感じながら

 

俺

絶対!とっちゃる!

 

と気合を入れる

 

何とか少しではあるが糸が巻けるようになってきた 暴れさせないように竿でいなす
慎重に慎重に寄せる 物凄い今まで味わった事のない重量感
まさに砂袋を引っ張っているようなそんな感じがした

 

顔をこっちに向かせなるべく竿で引っ張る
リールを巻くとテンションがかかり魚が暴れだすので極力竿で引っ張るようにしてる

 

そんなこんなで何とか近くまで寄せてきたので
後はタモ入れだなと後ろを見るとテトラの上でKがタモを持って微笑んでいる

 

俺

おお~すまん!もう少し寄せるわ

 

と浮かしにかかる 際にくるとまた突っ込んでくるまた竿でためる
何とか観念したのか、ようやく姿を現した

 

釣り仲間M氏
釣り仲間K氏

ああぁ~!

 

とKの声が

 

俺

やっぱり…

 

と自分でも呟いた

 

俺

タモをくれ

 

と後ろを振り向いたその時 奴は見逃さなかった

 

後ろを向いた時に竿が下がったその一瞬 沈みテトラに回り込み生態反応が消えた
二人は呆然として 真っ直ぐになった穂先を見つめていた そこにはわずか残った道糸だけがむなしく風になびいていた