随分前になるが よく通った場所があった

 

宮崎県南 富士の防波堤がそのひとつ 今は柵が設置され関係者以外立ち入り禁止となっているが
以前は多くの釣り人が通って来てた 中には はるばる福岡からやって来る猛者もいたり

 

それくらい魚影も濃く 大きなクロ、オナガがよく出て多くの釣り人を魅了したものだ
あの頃はとにかく人気の場所だった 防波堤の周りには 多くのテトラが点在しそれが漁礁となり

 

イカ、真鯛、チヌ、クロ、オナガと魚種も多彩で人気の場所でいつも仕事を早めに切り上げ毎日のように通ったものだった

 

しかし皆で多くのコマセを撒きマキエをひらうクロを寄せるも
捕れるのは 大きくて45cm 止まりのクチブトだけ

 

デカイ奴は掛けるもテトラへとしっかり学習してる奴ら だからバラシが当たり前
しかしながら その正体は ほとんどがイズスミのデカ版の仕業

 

60オーバー70cmクラスのモンスターで クロ狙いの1号竿で適うはずもなく

 

掛けた途端 一気に100mほど糸を持って行かれる始末で
なすすべもなく はい!サヨナラ~という感じ

 

それでも面白くひたすら通ったものだ
また、ここでよく会う釣り人との情報交換の場にもなっていて
唯一 我々の遊び場だった

 

とある7月の暑い日…

 

その日も仲間達 常連さん達といつものように仕掛けを作る者や
コマセを撒く者達とワイワイ言いながらやってると
向こうから見知らぬ親子連れがやってくるのが目に入る

 

子供はおそらく小学生の高学年ぐらいに見えた

俺

こんにちは

 

と挨拶の意味も込め 声をかけるも返事がない

 

聞こえなかったんかな?と思い再度

俺

こんにちはぁ~

 

と少し声のボリュームを上げ言い放つとビックリしたのか、近くの仲間が俺を見た

俺

ん???

しかし それでも返事返ってこない 流石にこれで頭の血管が「プチン!」と1本切れた音がした

俺

こんちわぁ~ぁ!!

 

とボリュームMAXで叫んでいたようだった(仲間からあとで聞いた話)
すると、凄くビックリした様子で小声で

小学生
小学生

こんにちは…

 

と頭を下げた

 

少し言い過ぎたかなと思い

俺

僕は何年生かな?

 

と笑顔を見せながら聞いてみた

 

すこしだけ笑顔で

小学生
小学生

小学5年です!

 

と予想外にも大きな声で答えてくれた

 

さっきから そのいきさつを見ていた世話好きのM氏が小学生親子を手招きし

釣り仲間M氏
釣り仲間M氏

そんなところにおらんでこっちにおいで!

釣り仲間M氏
釣り仲間M氏

道具はここで仕掛けも ここで作ったらいいから!

 

それを聞いて安心したのか その親子は素直に仲間皆に頭を下げ
愛想笑いを浮かべながら荷物を置いた

 

そうなんです!いつもこんな調子で誰とでも仲良くなれる不思議なM氏

 

そして笑いながら

釣り仲間M氏
釣り仲間M氏

釣人はみんな友達なんだぜ!

 

とキザなセリフを吐き 笑いながら何もなかったようにテトラへ消えていった

 

続く…