そろそろ梅雨を迎えようとしてます。

 

これからの釣りは餌取り暑さとの勝負となります。
そんな時には是非海苔釣法をお試しください。

 

6月頃からのクロ攻略法について

磯もこれから 梅雨グレに突入しようとしてます。
しかしながら、水温が上がりエサ取り(アジゴ、タカベ、サバゴ、コッパグレ)
をかわしての試練の日々が続き、思惑通りの釣りが出来ないのが現実です。

 

そこで、ゴーマル(50cmオーバー)をと言うのはとても至難の技ですね?
私はこの時期には、ほとんど「海苔釣法」をやってます。

 

来たらほとんどが 45~50cmクラスです。

 

しかしながら、いつでも食うものでもありません。
しかも いつ時合が来るかわかりません。

 

だからこの海苔釣法は辛抱が一番大事です。

 

海苔釣法について

 

仕掛け

・海苔を細かく刻みコマセ混ぜ、際に30分ほど撒き続けます。
・仕掛けですが、竿は1.25~1.5号ぐらいが妥当でしょう。
・タナ取りは1~1.5本位(私は全游動)で際から流します。
・棚が深いのでハリスは1.75号以上を勧めます。

 

海苔釣法のコツ

当たりはモゾッとウキを抑え込んで行くような感じなので早合わせは絶対に厳禁です。
当たったら竿できいてみるぐらいが丁度いいでしょう。その後にガッンと言う強い当たりが多いみたいです。

 

掛けたら竿で溜めて糸はなるべく出さないように、深ダナなので糸を出すと瀬取られてしまいます
気を付けてくださいね

 

海苔釣法での過去実績

実釣場所(実績なしも含む)
【宮崎県北 北浦地区】45~49cm数枚
【宮崎県北 土々呂地区】40~50cm数枚
【宮崎県北 門川地区】47~52cm数枚
【宮崎県南 全域】釣果実績なし

 

その他 餌について

Facebookでコメント頂いた中に青虫の事がありましたね。
夜釣りでは割と効果ありましたね」と…

 

その他に「フナムシも効果ありました!」なども頂きましたが、
そのフナムシを確保するほうが大変です(笑)

 

最後に

とにかくゴーマル狙うなら海苔釣法一辺倒がおススメですが、
釣りの世界では正解がない為、これが常にBESTとは言い切れません。

 

当たりがないと心が折れがちで沖アミでやってしまいがちです。

 

前にも述べたようにいつ時合がくるか誰にもわかりません。
そんなことで 沖アミでやって時合を逃す人 今まで随分見てきました。
この釣りは忍耐力がかなりいります。

 

最後まで海苔で通せるか これぞ自分との闘いと言っても過言ではないと思います。
今まで海苔釣法を始めて運良くボーズはありません。しかもゴーマルを何枚か取れてます。

 

それでは良い釣行を!