男Kの場合
もう何年もあってねぇや、あいつに そのあいつとは ここではKとしておこう
そのKと最初に出会ったのは どこ? あれぇ~! 
どこだったっけ? マジで?
もう、随分昔の事で中々思い出せません!
おそらく どこぞの地磯で知り合ったんだろうと思います。
そのKとはよく瀬渡しで釣行したものでした
会った時の感じはまだまだ若い青年で よく言うイケメン?
そんなK しかし最初から中々センスあるなぁ~
と思わせる程の 
竿さばき 連れて行く度 食わせ方も何とか様になってきて釣果もそれに伴ってUPしていった。
いつの間にか電話もよこさず 1人でコッソリと行ってるみたいだった (笑い)
少しまだ寒さが残っている日の昼どき 
食事を済ませ車のリクラインシートを倒しひと時の昼寝をやってた時
バイブにしていた携帯がダッシュボードの上で暴れまわってる音で目を覚ます
「ん?誰~?眠りの邪魔する輩は?」
 
着歴見るとあのKだった 何だろう昼どきに?
「どうした~?何かあったか?」
すると
「今土々呂のOOバエに来てます ポイントはどこですか?」 
と磯からの電話だった
「潮はどっちに行っとるか?」
「船着けを見て左に行ってます!」
「上ってるじゃん! じゃ~船着けから左側にワレがあるやろ、そこから沖に走る潮があるはず
そして竿3本先に沈み瀬が見えるやろう そこからクロが出てくるから
磯際にコマセを入れ流れに仕掛けをいれて行けば途中で食ってくるはずやから
辛抱してたら必ずしも時合がくる がんばれ!」
電話を切りもう少し昼寝することにした
携帯のアラームで目を覚まし 目覚めの一服 まだぼんやりしている思考回路
今日の出来事を思い出す 「そうだ!昼からお客さんであるOOさん家に行かないかんとやった、」
慌てて車を走らせる
「♪♬~ ♪♬~ ♪♬~ ♪♬~ ♪♬~ ♪♬~」
携帯が鳴ってる 見るとあのKからだ
また何かな?と
「どうした~?」
と聞く
今なら運転中の携帯は違反であるが、あの頃はまだそんなに厳しくもなく規制もなかった
「さっききました!かなりいい型でした が、バラシました。最後に締め込まれ飛ばされました。」
「そうか~惜しかったな!」
と言うと
「何でバレタんでしょうか?」
普通電話でそんなこと聞く?
しかし、ここがKの熱い所で必ず一人で行った時は電話で瀬の場所、潮の状況を知らせてきて
そして最後には必ずって言う程結果を出してくる
まずどう言うように魚を引っ張ってきたか?を聞いてみた
「縦にもってきました!そして際まで寄せ竿でためてたんですが そこから強い締め込みで
竿ごと持って行かれ バレました。」
Kの悔しさが電話口からヒシヒシと伝わってきた
「小まい奴なら縦に連れてきても楽に獲れるけどね?デカイ奴は瀬際で必ず縦に突っ込むから
バレる確率が大きい 連れてくる手順は竿で顔をコッチに向かすように引っ張って来るようにし
なるべく魚を右か左に置くようにし横向きにタモ入れをするように心がける事」
「わかりました。」 「じゃ!今が時合みたいやからがんばれ!」
と電話を切った
一日の仕事がようやく終わり釣友であるS氏家に向かった
またKからの3度目の電話が鳴る
「出ました!49が!」
と喜び一杯の声が飛び込んできた。
「そうかそうか、良かったな~!」
とこっちまで嬉しくなった
まだまだ話かったろうがS氏家に着いたので余韻を残しつつKからの電話を切った。
それから2週間経ったころ
「油津に連れて行ってください!」とKから電話が来た….
次回は  「油津 A級瀬 ヒゲ釣行」