男 Tの場合

それは随分と昔の話 たしかガマの初代のインテッサが出た頃だったと思う
当時は良く県北 門川へと通ったものだった、
そんなある日、いつもお邪魔する釣具屋さんに立ち寄り

昨日の釣果情報を聞きながら
どこに乗ろうかと考えいると
店長が、急に 「今月のOO日G杯チヌがあるけど 行かない?」
店の壁にたしかに大きく貼ってある、ポスターを指さし笑顔になる
良く見ると締め切りまで3週間足らず しかも開催地が何とあの長崎 平戸となってる

「わぁ~!」

忘れもしない以前 釣り研の大会で行ったあの悪夢が蘇った
総勢20数名と共に8時間~10時間かけて着いたのは真夜中あれだけ色んなポイントを探しまわり

「ここでやろう!」

と薄暗い街灯が灯ってた港
着くやいなや深い眠りについた
いきなりドワを叩く音で目を覚まし眠たい目をこすりながら辺りを見渡すと
予想外に小さい港が写った………………….
みんなはあちこちに散らばりもう竿を出していた
やはり期待通り何も釣れずの納竿だった
そんな、苦い思い出は打ち消し「よっしゃ~!」

当時は良く県北 門川へと通ったものだった、店長に参加を告げた
それから1週間経ったころ 店長が

「あと一人G杯に行く人間がいるんやけど、連れて行ってもらえないか」

と言われた、

「うん!いいすよ~!」と即答する。

長い道中 1人で行くのはメチャ辛い話し相手がいる事で少し安心出来た

行く前日に店で紹介された がっちりした青年だった。

「OOです、よろしくお願いします!」笑顔で挨拶する
「こちらこそよろしくお願いします」

これが縁で今もいい関係でいられるなんて釣りならではないだろうか。
その男 当時はチヌ釣り師でクロをやった事なかったみたいだった
あれは、一緒に磯にクロ狙いで行った
どんな釣りするんかな?と少し見学をしてた
午前中はあまり潮も動かずようやく動き出したころ
彼に待望の当たりが……..
竿は良く曲がり大物の予感を思わせる
その時 いきなり穂先が戻った、

「ん?バレたか?」

また竿が曲がった

「オオ~まだバレてない、よしよし」

と思ったのもつかのま
また竿が曲がった竿が戻った
良く見るとレバーブレーキで糸を出していた
流石に締め込んだ竿は二度と戻る事はなく瀬取られクロに軍配が上がった。
何故、糸を出したのか?と聞いてみた
答えはやはり、チヌ専門にやってたのでそのクセが出たと
クロでは極限まで糸は出さないようにと

掛け方捕り方を見せると納得した様子だった
それから北、南へと多くの釣行を重ねる
今では,いくつかのテスターとなり押しも押されぬ釣り師になってる姿を見ると
出会った頃のことが
今もなお思い出される、色んな場面で名前が出る度頼もしく笑顔になれる瞬間だ
これからも元気にがんばって欲しいと願うばかりである。