【島野浦編】    カモメのジョナサン

 

随分昔になるが、土日を兼ねて倶楽部(参加者20数名)
の忘年釣り大会を 船長の兄さんの経営する旅館で
忘年会を開いた
その夜は船長も招待し会も盛り上がり
釣り談議にも花が咲き、長い夜になった。
「今日はみんな無礼講!」と言うと
酒も入ると、上下関係の見境もなくなり,タメ口も飛び出した、
腰を据え飲んでいると、副会長がこんな話しを始めた
「いいか~!お前たちカモの捕り方って知ってるか?」
若い連中に向かい いかにも自慢げな顔で話し始めた
若者衆が
「まず、そんな発想もカモメを捕ろうとも思わないし
おっさん!何をいきなり言い出すんやろう?」
って顔で構えた
「いいか~!昔にカモを捕る方法をじさんに教わった、やったことはまだないが
まず、発泡スチロールを用意し適当な大きさに切りその上にエビを何匹か、その 中の何匹かに釣り針を仕込み それを流すらしい、
するとカモは好物である そのエビを食べる、そんな方法で捕ってたらしい」
若者衆は、先輩の話をうわの空で聞いてた、
程よい時間となり、明日は大会早起きしないと思い
お開きにして寝る事にした、
翌朝 みんな、割と早く起きて.顔を洗っている
出された朝食を済ませ 船宿に向かった
年の暮と言う事もあってか、いつもより混み合っていた
船長おまかせで各瀬にみんなを降ろしてもらい、
船長に手を振る、
「さて、始めるか」と、
みんなに、釣り開始を告げた
海水を汲みさわってみる、かなり冷たい、マキエを撒き続けるが、エサ取り1匹湧かない
みんなに言う
「こりゃアカンわ!水温が下がってるみたいやから、タナを深く攻めようか?」
周りを見るがやはり 誰の竿も曲がりそうにない
今日はかなり厳しいなと思いしばらく仕方なくマキエに徹した
しかし,,,,,,,,,,,,,,,
状況は変わらず時間だけが過ぎていく、取りあえず、昼食でもと、
チョット早めのメシを食う、食べながら、若い子に
「ホラ!あそこに、カモメがいるやろう、アレは我々が撒いたコマセがあそこできいてる証拠だぞ」
「あそこまで、流せば当たるかもしれんな?」
と、メシを食い終えコーヒーを飲みながらみんなに言った。
「さて、ガンバルか~!」と気合を入れ竿を握った
横にいた若い子がいきなりカモメがいる所へ超遠投した、さっき、話を素直に実行した、
「こいつ!凄い奴やな~」と思った
相変わらず、コマセには何も出てこず、潮目に浮ぶはカモメの群れの数だけが増えてゆく もう無気力になっていた
すると、その時,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
[「来た!」
の声で我にかえった、超遠投の彼の声であった、かなり竿が曲っている
緊張感が走った、周りのみんなも一斉に見守る
バラすなよ!と思いつつ激を飛ばす
「遠投やから慌てなくていいぞ!ゆっくりでいいから」と声をかけた。
残りのみんなに仕掛けを上げるようにと言い、ギャラリーに徹した
みんなの見守る中  彼の動きが少しおかしくなったではないか、良く見ると上向きに空に向けてリールを巻き始めている ではないか?
勿論竿も空に曲がってる
「アチャ!やっちまったか!」
彼の竿先にはカモメががバタバタと騒いでいた、
すぐさま、タモを用意し待ち構える、周り瀬の仲間達は笑っている
こっちは、そんな、余裕もなく とりあえず、カモメをタモに入れハリをはずさないと
何とかかんとか寄せタモで捕獲に成功,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
それからが大変であった そんなカモメは必死で暴れる 何とか噛まれながらもようやく針を外し離してやることが出来 ホッと一息ついた
そして彼に一言言った
「昨夜のカモの話が現実になったなぁ~」
と言うみんな大爆笑。
そんな彼も 今では沢山の弟子を引き連れ存在感のある素晴らしい釣り師になっいる。
やはり巣立っていく 我が子の活躍を見たり聞いたりするのは格別であり 出会いこそ全てなりと……….
釣りは   人と心を作り育てるなり,,,,,,,,,,
この世は 出会いこそ全てだろう…..
あの時 あなたに出会えたから今の自分がいる
出会えなかったら また違う人生歩いてるだろう…