「運命の出会い」

「 全ては1人から始まった,,,,,,,,,,,,,, 」

小学生から釣りを覚え何も考えず、ただ,,,,,,,,,,,,,,面白く熱中したあの頃
そんな、事も、成長するにつれ興味も薄れていった、
 

卒業後宮崎を離れ関西へと就職
やがて、都会の暮らしにも慣れ仕事に没頭する日々が続く、
そんな時間の余裕もない生活を過ごしていた、
ある日 の事

ふと?観たTVに釘付けになった、それは、和歌山の磯 石鯛釣りシーン

その時俺は強烈なカルチャーショックを受けた、

今までチヌ釣りしかやった事なかった俺の心に
何か熱いものが込み上げてきた、
その日を境に、いつも石鯛の事ばかり考える日々を過ごした、
 

人生とは不思議なもので まさか、こんな近くに運命の出会いがあるなんて知る由もなかった

毎朝 駅に出かけ いつものようにスポーツ新聞を買う 休憩時間になると釣り情報ばかり見ていた

そんな時 鉄筋工の親方がにやけた顔で、
 

「監督さん!釣りやんの?」とスポーツ新聞を見て言われた。
 

「はい!まだ関西に来てから1度も行った事ないんですけど?」
 

「あ、そ~!、じゃ!今度行く?」
 

「えぇ!ホンマですか?」
 

俺は驚いた!
あまりに唐突でしかもこんな身近な所で、しかも、連れてってくれると言う
あまりに突然な事で驚いた
休憩時間も終わり、親方から仕事が終わってから
詳しい事はその時にと、言われ別れた、

それから、時計ばかり気になっていた、
こんな時の時間っていつもより遅く感じるものだなっと思った、
仕事もひと段落つき、現場事務所に戻ると、進捗状況を所長に報告し急いで日報を書き終えた
 

「じゃ!お先します!」と言うとみんなが、
 

「えぇ~!デートかぁ~?」とヒヤかされた。
 

「あははは~!ヒゲの生えた人ですよ。」
 

下には親方が待ってた、
 

「めしでも食おか?」
 

現場から出ると、親方は手を上げタクシーを止めた、二人を乗せ走り出した。
車の中では釣りの話で花が咲いた
 

「話変わるけど 監督さん 生まれは何処?」と急に聞いてきた
 

「はい!自分は宮崎です」
 

「おお~いい所やね!昔、新婚旅行で行ったな~!」
 

「日南海岸と鬼の洗濯岩が印象に残ってるなぁ~」
 

「それ以外何もないですよ」と俺は答えた
 

明石駅でタクシーを降り、1軒の焼肉屋に入った。
 

「好きなもの何でも食べたらいいよ、」と親方は笑顔で言ってくれた
 

程よくアルコールも入り、上機嫌で店を出た
しばらくタクシーが拾える所までと歩く
タクシーに乗ると親方は
 

「近くに部屋を借りてるからチョット行こう!」
 

駅から20分位走った 着いたのは、閑静な住宅街
案内されたのはそんなには古くもない2階建ての1軒家だった。
 

「おじゃまします!」と入る
 

親方は「誰もいないよ!」と
 

中に入ると和室の間に通された、直ぐに目に付いたのが床の間に立並んでいる竿の多さに驚いた
しかも、今まで使っていた竿なんて、チャチなチヌ竿、比較にもならなかった 俺の心を見抜いたのか
親方はその竿を全部俺の前に並べた
 

「これもしかして、石鯛釣るやつですか?」
「うん!そやね、石鯛竿やで…….」
 

手入れの行き届いたピカピカの竿を目で追った
 

「どれか好きな気に入ったヤツ撰び」と 親方が笑顔で言う
 

「えぇ!石鯛釣り全然やった事ないし、しかも親方の大事な宝物やしそんな、物を?」
 

「いいんよ!10本20本持ってても、使うのはせいぜい1本か2本 床の間に飾っててもそれこそ宝のもち腐れ使ってくれれば竿も喜ぶはず」
 

そんな、熱い親方の気持ちに甘え1本選んだ、
 

「竿だけでは、釣りにならないからこのリールを使って」と
 

押入れから1個のタイコリールを出してこられた。
 

「すいません!何から何まで」
 

「監督さんが釣りをするってもっと早くわかってれば.、あの頃一緒に行けたのに
しばらくは、コンクリート打ちがあるし、ちゃっと、暇作れそうにないしね」
 

「コンクリート打設完了してから行きますか?」
 

「ですね!よろしくお願いします。」
 

「今日はもう遅いから泊まったらエエよ!布団は何組もあるから」
 

「じゃ!甘えさせてもらいます」
 

酒のせいもあってか、心地よい眠りに落ちた、
あの日があってからは、仕事にも熱が入った
夜になると宿舎で親方から借りた仕掛け集の本を読み
現場の前には池があるので 毎晩毎晩振り込みの練習をする日々が続いた
ようやくコンクリート打設も完了となり、ひと段落つき
もう頭の中は石鯛の事で一杯一杯なっていた。

終礼後に親方に、終わったら、家においでよと言われた
仕事を全て済ませ、逸る気持ちを抑えながら、車を走らせた,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

次回     和歌山の磯に立つ