地磯サボテン公園下   (愛すべき仲間達)

 
 

通い続けてもう数十年になるだろうか?
いつも気軽に行ける所で習慣みたいに、なっていた
 

前にも書いていたが、一週間の内 多い時は土、日、を除いて毎日のように通い続けていた
しかし、朝からは まず行く事はない、当たり前の事だけど仕事がやはり優先ですよね
 

そんな事で行くのはほとんどが2~3時ぐらいでした
これだけ通い続けた事で ここの色んなクセに気付き、無駄な事をしなくなっていた
 

たとえば、この潮は食わないな この潮なら、食ってくるだろうな?
このシーズンはこの場所がいい!
 

やはり時合は、夕まず目が良さそうである、最初の頃はよく朝からやっていたが、朝はほとんど、食わなかった
 

それに気付いてからは、夕まず目を狙うようになった
時間があれば、瀬渡しで沖をめざし、時間がなければ、ここでやるようにした
 

何故か、行くといつも常連さんが必ずと言ってほど、1人 2人はいる、いつも、遅くいくけど 何とか、入れてもらえる、ほんとに有り難いことでもある。
 

以前、こんな事があった,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
遅くなり時合も過ぎ バタバタと納竿とし、バッカンを洗い道具を片付け、帰途とした、
翌日は仕事に追われ とうとう行けず 明日に行こうと思い仕事に集中した、
いつも通り仕事を終わらせ、サボテンへと出かけた、
釣具屋に寄りエサを買ってた時に、マキエビシャクがないのに気がついた
 

「え!入ってない、どこいったかな?」
 

考えられるのは、あのサボテン公園しかない、置き忘れたと、確信したが、
あれから、2日も経ってるし もうないだろうと諦め ロッドケースに予備はもう1本あるからと思い
店を出た
しかしながら、あのシャクはチタン製でグリップも色々と手をかけ愛着があっただけに無くしたのは惜しいと悔やんだ、
 

そんな事思いつつ走ってると、もう着いてしまった、
駐車場には見慣れた車が何台かあり 急いで仕事服から戦闘服に着替え急勾配を降りてゆく、
釣り場に着くと いつもの場所に道具を降ろし、みんなの所へ挨拶に行く
3人目の常連さんに
 

「お疲れです!」と声をかけると
 

「お疲れさんです!この前シャクを忘れて帰ったでしょう?まだ手つかずで置いてありますよ」
 

と指をさした、
振り返りさされたその先を見ると 何と!あのお気に入りのあの、
マキエビシャクが,,,,,,,,何と岩の上にシッカリと乗ってるではないか
 

2日間も置き忘れたシャクが!すでに諦めていたシャクが
 

「えっ!まだ置いてあった!」
 

と思わず声が出てしまった。
一般的なら普通は無くなってるはずと、諦めていた、
常連さん達の心の清らかさと人を想う素晴らしさを感じ、感謝以外考えつかなった。
改めて日本人に生まれて良かった 
そして日本人の心の素晴らしさを知った感動の日だった。

完….