悪夢の黒島釣行(天国と地獄)

これは以前 夜釣りで鹿児島、離島の黒島に行った時の話です、
季節は今ぐらいの時期だったと思います。

狙いは、勿論シブダイです、夕方に瀬上がりして、即、キビナゴのコマセをやりながら

「暑いなぁ~!、何か飲もか~?」

後輩にイグロのクーラーを指さし、

「イグロにようけ入っとるやろ~!」

後輩

「ウーロン茶が2本しか入ってません!」

「えぇ~!なでやねん?ようさん買うて入れとったやろ?」

後輩

「え~先輩が氷を買うてイグロに入れとけと言ったんで、
ウーロン茶を残しジュースをもう1個ノクーラーに移しましたよ」

「何ぃ~!」

後輩

「先輩そのクーラーはどこにあります?」

俺…

「え~??あれな….あれ荷物になるから車に置いてきた…….」

後輩 呆然と……..俺を睨む……あいつの視線がやけに痛かった;
しょうがなく、残り少ないウーロン茶を二人分け合い飲んだ
その日はとにかく風もなく無性に暑かった…………
熱帯夜ってやつだ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

「来た!」

闇夜の静寂の中    後輩の声,,,,,,,,,

ピトンにかけた後輩の竿のケミが揺れてた
慌てて、合わせを入れやり取り開始、そして、ようやくシブをGET!
それから、交互に当たりがあり
型も2キロクラスがイグロ満タン近くになった。
もう、その時には 飲み物はすでに無くなっていた
あの頃はまだ、携帯なんてなく船長に連絡する手立てもなく
吹き出る汗を拭うだけが精一杯だった。

さすがに明け方には2人とも喉がカラカラ状態限界に来てた

「船迎え何時だった?」

後輩

「確か7時って言ってましたよね?」

「うん,,,,,そやったな…..」

もう喉はすでに限界にきていた、こうなったら最後の手段
イグロのクーラーの氷と水に手を出した
口に一杯氷をほうり込み
それでも渇きが収まらず ついには締めたシブの血で染まった氷水もたまらず飲んだ,,,,,,,,,
まさにそれは砂漠で水を求める人のように,,,,,,,,
よううやく、2人は生き返った。
良く見ると後輩の口のまわりは
夜明けの朝日とシブダイの血で染まっていた。

しかし、地獄は,,,,,,,,,,,,,,,これで終わりじゃなかった

一つ目の地獄

二人を待っていたものは 腹を下し帰りのトイレの入れ食いだった。

そして、二つ目の地獄は,,,,,,,,,,,

期待通り下痢は収まらず 翌日も勿論仕事もお休みだった。(
>_<)

皆さん!
水分補給は頻繁に取りましょう,,,,,,,,,,,,
最後に
なるべくクーラーの氷水は飲まないように,,,,,,,,,,,,
そんな人はいないとは思いますが?

うしても飲みたい人は下痢止めを飲用をお勧めします。(*^^*)♪