宮崎県北門川 クロ釣り編(第1話)

釣りは 「男のロマン」と誰かが言ってたなあ….

 

随分昔の話になるが クロ釣りにハマリ過ぎて休みの度には必ず磯にいた時期があった。
それは真冬の寒い日 ホームグランドにしていた日南に少し飽きがきていた頃…

「たまにはどこか行ってみて~なぁ~?」

と釣具屋で出されたコーヒーを頂きながら 店長と話していた そんな時

「店長! 魚拓とって!」

と後ろでお客の声がする

「ん?」

と振り向くと大工の山ちゃんが両手でクーラーを抱え笑顔で立っていた

「どこ行ったんか?」

と聞くと

「へへへ~!門川に行ってきました」

と隠し切れない笑顔で言う

「デカイ奴が入れ食いだったですよ!」

そしてクーラーを開けて見せる

「うわァ~!デケ~!」

クーラー満タン状態の中の 50cmクラスのクロを見せらつけられ
カルチャーショックを受けたのは言うまでもない

なんせ  あの当時 日南の油津で仕留めたクロ48cmが記録だった まだ50オーバーを獲った事がなく
かなりのショックでメラメラとクロ釣り師魂に火がついた

「よし!今度は~俺が!」

と思ってはみたが しかし 門川と言っても行った事もなく情報、知識が皆無だった
色々考え しゃくではあったが素直に山ちゃんに連れて行ってもらう事にした
それからは店では山ちゃんに門川の話を永遠に聞かされた
その話によると県北の方の船は大きく瀬付けも押しづけらしく安心して瀬に乗れると

「ほ~う!スゲ~!」

と思わず声が出た

現在は県南でもどこでも押しづけが当たり前になってるが
あの頃はいつも行く県南方面では飛渡りが当たり前で 慣れるまでが大変だった
船長にはよくどなられた!

「早う~!飛ばんか!」

まず初心者は怒られたね、船が上下するので飛ぶタイミングがわからず
オロオロするばかり
それを見かねて よく声をかけた

「いい?波が上がったり下がったりしてるから 上がった時 上がりきった時
に飛ぶ そのタイミングを覚えておいて その時が来たら飛べ!って叫ぶから わかった?」

そんな県南には瀬渡しのこのような登竜門があった

それに比べ県北の瀬渡し何と優しい!と感動した

「へ~ぇ!あっちはそうなんだ?」

「県南はほとんどが飛び渡りが基本だから慣れないと危ないしね!」

「たまに海に落ちたりしてね(笑)」

「そんな時に限ってメチャメチャ寒い冬だったり」(笑)

「それも、回収時ならまだ救いやけど?これから乗瀬と言う時に落ちたら地獄!最悪の釣行物語に5年語り草になるのは間違いないなぁ~!」(笑)

そんな店の中では他のお客さんも巻き込んで笑いの渦が巻き起こっていたようだ
まだ1,2度しか言ってないのに さも常連さんぶって山ちゃんの話はまだ続く…

「県北はとにかく瀬もデカイし ポイントもたくさんあるから釣り人も多いよ」

と自慢げに話すそんな山ちゃんを置いて裏口から店を出た俺だった。

その夜、山ちゃんから電話があり

「今週の土曜日門川に行きませんか?」

と 勿論!了解と返事した。

何故か?釣りに行く前日の夜は昔から変わらず 遠足前の子供と同じ心境だな~?
その夜も初めての県北 初めての門川と想像するだけで眠れない夜を過ごした。

どれ位たっただろう?
ウトウトとしてて車の音で目が覚めた

窓を開けると月夜に照らされた車から山ちゃんが降りてきた

小さな声で…

「ぉはよぅござぃます…」

俺も小さな声で挨拶を返す
道具を積み込みようやく出発となった
今、車の時計は3時を刻んでいる
山ちゃんが門川初めての俺に気遣い

「出船は5時となってるけど 今の時間帯なら1時間半ぐらいで行けますから」

とタバコをふかしながらつぶやいた

闇夜光るヘッドライトすれ違う車も流石にこの時間ではまばら
ついに門川の標識がライトに浮かぶ
高鳴る鼓動を気付かれないようにさりげなくタバコに火を点けた

しばらく細い道を入って行く
ようやく水銀灯の照らされる港が見えた

「着きました!」

沢山の漁船が浮かんでいる

「あれが乗る船ですよ」

指さす先には

「おお!デカイ!すげぇ~!」

思わず声を上げてしまった。
当時、それぐらいのショックを覚えた

続く…